グレートバリアリーフ グリーン島

 

要点
・グレーン島へはHOTHOLIDAYからツアーを申し込むとラク!
・「港」ー「グリーン島」は40分で着く
・日焼け止めは必須

 

オーストラリアといえば、やっぱりグレートバリアリーフ!!

グレートバリアリーフとは世界最大のサンゴ礁地帯のことをいいます。

その「前兆は約2600kmにも及び、様々な種類の魚が集まって、巨大な生態系を形成しています。

そんなグレートバリアリーフのなかでも、非常に人気で、ケアンズから一番近いサンゴの島がグリーン島です。

では、僕たちが行った、グリーン島について詳しく紹介します。

 

グリーン島への行き方

2019-03-13

 

グリーン島へ行く場合は、前もってツアーに申し込んでおいた方が良いと思います。

HOT HOLIDAYのツアーから申し込みました。

https://www.hotholiday.jp/australia/cairns/

 

「往復チケット」と「シュノーケリング」用具のレンタル代含め、A$85/人(6400円/人)です。

 

出発場はリーフフリートターミナル(Reef Fleet Terminal)からです。

空港からは車で約11分です。

 

 

 

グリーン島

フェリーに乗ってから、約40分ほどでグリーン島につきます。

海の色!!!キレすぎる!

海の中を覗いてみると、魚がたくさんいました。

 

 

グリーン島へ到着したら

 

グリーン島に到着したら、まず、フロントにシュノーケリングの道具を借りに行きましょう!

道具を借りて、着替え終わったら、海へ!

その前に荷物はロッカーに入れましょう。

料金は数百円取られますが、時間内である限り、何度も開閉可能です。

 

海に潜ると、早速魚発見!!!

しかも、透明度も高かったです。

魚だけでなく、亀もいました。

遠浅の海で、海岸から結構先の方まで行ける感じです。

 

魚を探すのに夢中で何時間でも潜れます。

 

お腹が空いたら、海から一度でて、腹ごしらえ。

クロコダイルの肉を使ったハンガーバー。

 

カンガルーの肉を使ったホットドッグ。

両方食べれたのは貴重な体験です。

 

後は、時間になるまでもう一度泳ぎました。

終わったら、行きと同様に約40分かけてフェリーで帰ります。

 

 

最後に要注意です!!

皆さん、日焼け止めだけは、必ず持っていきましょう!!

やけどです。

日差しの強さがすごいので、塗り忘ると大変なことになります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

イモトのWiFi

スポンサーリンク

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

CAPTCHA